医食同源ニュース

医食同源とは、バランスの取れた美味しい食事をとることで病気を予防し、治療しようとする考え方。

*

【女性は気をつけて!】口臭の原因の『ドライマウス』 原因と予防、治療法とは何か?

 

口の臭いが気になることはありませんか?人口の約1/4が口の中が乾燥しているという欧米の疫学調査もあり、ドライマウスの人の割合はとても高いとされています。どんな症状、対策は調べてみしょう!ドライマウス

ドライマウスは女性に多い口腔疾患のひとつ。主に唾液分泌量の低下が原因で口の中が乾いてしまう状態で、次のような症状が現れます。

◆口の中が乾燥している
◆唾液があまり出ない
◆口臭やねばつきがある
◆唇の端がひび割れを起こす
◆口内炎がよくできる
◆パンなど水分の少ない食べ物が飲み込みづらい

これらの症状があっても、日常生活に支障がなければ未受診のまま過ごしてしまいがち。しかし、ドライマウスをそのままにしていると、唾液がもつ自浄作用が十分に働きません。そのため、口臭の原因となったり、将来的に虫歯や歯周病の進行、口腔内の細菌が原因で感染症を発症したりする可能性もあります。

ドライマウスのセルフチェック

ガムを噛みながら出てきた唾液を全て計量器かメスシリンダーに5分間出してください。出した唾液の量が5ml以下ならばドライマウスの可能性があります。

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

2.ドライマウスの6つの原因

2−1.薬による副作用が原因

服薬大国と言われる日本では病院で多くの薬が出され、この薬の副作用によってドライマウスになることがあります。高血圧の薬、花粉症の薬、精神疾患の薬などの薬がドライマウスを引き起こす原因になることがあります。薬をのみ始めて急に口が渇くようになった人は薬が原因の可能性があります。

対策

内科的な薬の場合、どうしても必要なこともあります。主治医と相談の上、薬を減らしたり、変えたりすることが可能かどうか相談する必要があります。

shutterstock_23695459

2−2.噛む回数が少ない、噛む力が弱いことが原因

唾液は噛むことによって唾液を出す唾液腺が刺激されたり、唾液腺の周りの筋肉が動き、唾液腺から唾液を押し出します。柔らかいものばかり食べているとドライマウスになります。また、いつも唾液の量が少ないと唾液腺の機能が衰え、唾液を出す能力も低下します。

対策

食事の際、よく噛むことを心がけます。食事の時間が長く取れない方は食後にガムを噛むなどし、常に唾液を出すようにして、唾液腺を活性化させます。詳しくは「知ってるだけで得をする!よく噛むことで得られる8つの効果」を参考にしてください。

2−3.緊張による心理的な原因

緊張すると喉が乾きますよね。これは交感神経(こうかんしんけい)が優位に働き、唾液が出るのを抑えます。リラックスすると副交感神経(ふくこうかんしんけい)が優位に働き、唾液が多くなります。一時的な緊張であれば特に問題はありまでんが、常にストレスで緊張状態だとドライマウスになります。

対策

ストレスをうまくコントロールするようにしてください。趣味やスポーツなどリラックスする時間を作り、副交感神経を優位に働かせることによって唾液が多く出ます。

2−4.口呼吸による原因

口呼吸をする方は常に口が乾燥し、ドライマウスになります。通常、呼吸は鼻で行います。鼻呼吸では空気は鼻から入り、鼻の中の湿った粘膜の空洞である副鼻腔(ふくびくう)を通ります。副鼻腔は多くの壁に仕切られ乾燥しにくい状態になっています。口呼吸の方は口の中の粘膜が呼吸によって直接、乾燥してしまうために、ドライマウスになります。

対策

口呼吸の方は鼻呼吸トレーニングをすることによって、口呼吸から鼻呼吸へと変えていきます。一部の歯科医院では矯正治療と一緒にトレーニングやマウスピースを使った方法で鼻呼吸トレーンングをしています。また、寝ている時に少し、マスクを湿らせて使うこともあります。詳しくは「口呼吸によって起こる9つの危険と6つの改善方法」を参考にしてください。

2−5.シェーグレン症候群による原因

シェーグレン症候群とは自己免疫疾患(じこめんえきしっかん)の一つで、自分の体の一部を自分の免疫細胞(めんえきさいぼう)が攻撃してしまう病気です。中高年の女性に多く、日本では約50万人いるといわれています。シェーグレン症候群の方はドライマウスだけではなく、ドライアイや関節リュウマチなども一緒に現れる病気です。

対策

シェーグレン症候群は原因は解明されていません。歯科では人口唾液などを使って唾液が出ないことによる、歯や歯茎、舌などの症状を軽減するようにします。

2−6.放射線治療による後遺症

近年は少なくなっているが、癌などによって頭や首などの近くに放射線治療を行った場合に、唾液を出す唾液腺(だえきせん)が破壊されドライマウスになることがあります。

対策

壊れてしまった唾液腺を回復することは難しく、人口唾液などで対応します。

3.ドライマウスによって起こる症状

3−1.虫歯になりやすい

ドライマウスになると虫歯が多くできます。特に歯と歯茎の境目の虫歯が多くなります。歯は食事の際、表面が溶けます。その後唾液の中のリン酸やカルシウムによって元に戻る再石灰化(さいせっかいか)が行われます。ドライマウスになるとこの再石灰化が行われなくなるので、虫歯が増えます。詳しくは「虫歯ができる7つの原因と自分にあった予防法」を参考にしてください。

shutterstock_125264990

3−2.歯周病になりやすい

ドライマウスになると体の抵抗力が下がり、歯周病が進行しやすくなります。歯茎は唾液に濡らされていることによって、抵抗力を維持しています。また、歯周病菌は唾液の中の成分によって活動を抑えられています。ドライマウスになると細菌が活発になり、歯茎が腫れ、歯周病が進行します。

shutterstock_124420087

3−3.舌が赤くなって痛い

舌は唾液によって膜を作り保護されています。ドライマウスになると舌が乾燥し、直接固い歯とこすられ、舌が炎症を起こし、赤く腫れて痛みが出ます。

3−4.口内炎ができやすい

歯茎や頬の粘膜は唾液によって保護されています。ドライマウスになると食べ物や歯などが直接粘膜にあたり、傷つき口内炎になります。また、できた口内炎も治りが悪くなります。詳しくは「口内炎!知っておきたい7つの原因と治療法/薬の使用法」を参考にしてください。

3−5.舌や歯茎がピリピリと痛みが出る

口の中は細菌が多い場所です。唾液によってこの細菌の活動が抑えられています。ドライマウスになると細菌が活発になり、普段は唾液によって抑えられているカビ菌(カンジダ菌)が増え、舌や歯茎に痛みが出ることがあります。

3−6.物が飲み込みにくくなる

食事の際唾液によって食べた物を消化したり、食べた物を飲み込みやすくする食塊(しょっかい)を作ったりして、スムーズに飲み込めるようにします。ドライマウスになると食べた物がうまく飲み込めず、喉に残るような感じや、水分と一緒に飲み込まないと最後まで飲み込めないことがあります。

3−7.口臭が出る

口臭は主に舌の上の白い部分の舌苔(ぜったい)で作られます。ドライマウスになると唾液によって舌苔が洗い流されず、また、舌苔が乾燥し、舌にこびりついて取れにくくなります。そのため口臭が強くなります。詳しくは「意外と知らない?口臭の本当の原因と適切な対処法」を参考にしてください。

shutterstock_105487565

3−8.味覚障害

舌の表面には味覚をつかさどる味蕾細胞(みらいさいぼう)という物があります。ドライマウスになると舌が炎症を起こし、味蕾細胞が働かなくなり、味覚障害が起こります。また、味覚障害は亜鉛不足によっても起こることがあります。

4.ドライマウスの治療法

4−1.マウスピース、閉口テープ、マスクなどで夜間の乾燥を防ぐ

夜間のドライマウスを防ぐためにマウスピースや閉口テープ(通販等で購入可能)、マスク(少し湿らす)を使います。応急的な処置ですが、徐々に口呼吸から鼻呼吸に変えることによってドライマウスが改善します。

4−2.カフェイン、アルコール、ニコチンを減らす

カフェインやアルコール、ニコチンは利尿作用があり、体の脱水状態になり、ドライマウスを引き起こします。取りすぎには注意が必要です。

4−3.水分を多く取る

成人の人間は1日2〜2.5Lの水分補給が必要です。ダイエットなどで水分や食物の制限を行うとドライマウスになることがあります。適度な栄養を摂ることが重要です。

4−4.よく噛む

よく噛むことで唾液腺が刺激されドライマウスが改善します。特に入れ歯や噛む部分が少ない方は唾液が少なくなり、ドライマウスになりやすいです。年齢に応じた噛む機能の改善が必要です。

4−5.唾液腺マッサージ

積極的に唾液腺をマッサージすることによってドライマウスを改善します。大きな唾液腺が耳の前や顎の内側にあります。そこをマッサージすることによって、唾液腺が刺激され、唾液が多く出ます。

4−5.薬の変更や量を減らす

薬の副作用によってドライマウスが引き起こされている場合は、薬の変更や量を減らすことによって改善します。ただし、全身的な病気のために薬が必要な場合も多く、主治医とよく相談する必要があります。

4−6.糖尿病や腎臓病など内科的な治療を行う

甲状腺機能亢進症、糖尿病、腎臓病、肝硬変などによってドライマウスが起こることがあります。このような病気の治療を行ったり、コントロールされることによってドライマウスが改善されることがあります。

4−7.シェーグレン症候群や膠原病などは対症療法

このような自己免疫疾患の場合は原因が解明されていないために、根本的な治療は難しくなります。そのため人口唾液等を使って症状を抑えていく必要があります。

 

唾液分泌量が低下する原因は?

ドライマウスを引き起こす唾液分泌量の低下はどうして起きるのでしょうか?主な原因として、以下のことが考えられます。

◆女性ホルモンの低下:
女性ホルモンの分泌量が減ると唾液も減る。また更年期は自律神経のバランスが乱れやすく唾液の分泌も不安定になりがち。
◆加齢:
年齢とともに唾液の分泌量自体が低下。顎の筋肉の衰えなどで噛む力が弱まることでも唾液は減る。
◆ストレス:
ストレスがかかると交感神経が興奮し、唾液の性質が粘っこい方に傾く。
◆食生活:
食事回数が少なかったりあまり噛まずに食べたりしていると、唾液分泌の機会が減り唾液腺の働きは低下する。
◆喫煙:
たばこの煙の成分であるタールやニコチンが血流を阻害し、唾液が減る。
◆飲酒:
アルコールには利尿作用があり、脱水状態になることから唾液も減る。
◆薬の副作用:
鎮痛薬や抗ヒスタミン薬をはじめ大抵の薬に唾液を減少させる副作用があるとされている。特に抗うつ剤や抗不安剤は、神経に作用して唾液分泌を抑制する。
◆病気によるもの:
自己免疫疾患のシェーグレン症候群では、唾液腺や涙腺に炎症が起き、口や目が乾いてしまう。
.

女性に多い「ドライマウス」口臭の原因にも!? 原因と予防、治療法を紹介

 

ドライマウスを予防するには

原因となる生活習慣を見直すと、ドライマウス予防につながります。

◆ストレスをためない
◆適切な食習慣を身につけ、よく噛んで食べる:
酸味のある食品で唾液腺を刺激するのもよい。
◆口腔内を清潔に保つ:
歯みがきやうがいを良く行い、アルコール入りの含嗽剤は避ける。
◆睡眠時に口呼吸になる場合はマスクをつける
◆アルコールや喫煙を控える
◆ノンシュガーのガムを噛むなどして唾液分泌を促す
◆室内の湿度を保つ

唾液の分泌を促すストレッチや唾液腺マッサージもドライマウス予防におすすめです。

常にガムなどを食べて唾液を出すことを意識しましょう。

 - その他

Message

  関連記事

imagesJBES5B43
ゴーヤは癌に効くとは本当か?

        コロラド大学がん研究セン …

%e5%8f%a3%e5%86%85%e3%83%95%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%a9%ef%bc%92
【ためしてガッテン!】『口内フローラ』突然死を引き起こす○○。破裂した血管は何と口内細菌が原因だった!

話題の腸内フローラ同様に口内にも様々な菌が住んでいて、口腔内の菌は口内フローラと …

images265
企業が女性にアンケート!『気になるところは?』

ある企業が、「自分の身体で気になる場所はどこですか?」と、女性にアンケートをとっ …

%e5%b1%b1%e9%87%8c%e4%ba%ae%e5%a4%aa
【激痛!】お笑いの南海キャンディーズ山里亮太さんが刺身を食べて『アニサキス胃腸炎』に!

お笑い南海キャンディーズの山里亮太が腹痛で番組を欠席し話題に…病院へ診察の結果「 …

FODMAP(フォッドマップ
【過敏性腸症候群の治し方と食事療法】4つの注意点と「FODMAP(フォッドマップ)」の食事療法とは

通勤電車などで急に腹痛に襲われることが頻繁に起こってはいませんか? 毎回の途中下 …

癒し猫2
【癒し動画】何と二足歩行で歩く猫や、眠りに落ちる瞬間に癒される

眠りに落ちる瞬間がたまらない。 二足歩行のネコにビックリですね。

コンタクトレンズ
【若者よ気をつけて】コンタクト使用者が危険に!『失明アメーバ』が怖すぎる

  現在使用者が1600万人を超えていると言われているコンタクトレンズ …

腰痛予防に最適! 簡単ストレッチ
腰痛予防に最適! 簡単ストレッチ – 1日1分からの筋トレでラクラクになる

ずっと同じ姿勢でいると、体の筋肉がこわばってしまいます。腰痛にもつながりますので …

tumblr_m2j0iafwfa1r8bkolo1_500-300x200
アルツハイマーになるリスクを50%以上減らす!『MIND食」とは?

認知症を引き起こす原因として最も多い疾病が、アルツハイマー病。脳内の神経細胞が急 …

ぎっくり背中
【ぎっくり腰じゃない?】『ぎっくり背中』って何ですか?

皆さん、そもそも「ぎっくり背中」っ知っていますか? 「ぎっくり背中なんて聞いたこ …