医食同源ニュース

医食同源とは、バランスの取れた美味しい食事をとることで病気を予防し、治療しようとする考え方。

*

【心筋梗塞などに朗報!】『最新とけるステント』留置して3年で溶ける!? 冠動脈治療に期待!

 

%e5%86%a0%e5%8b%95%e8%84%88血管が詰っていることで、狭心症や心筋梗塞へのカテーテル治療では、金属製のステントを留置するのが一般的です。そのステントの進歩は目覚ましく、2016年11月には「溶けるステント」が承認された。
心臓が正常にはたらくには、3本ある冠動脈を通して心臓の筋肉(心筋)に血液が行きわたり、酸素と栄養が十分に供給されることが必須条件となる。しかし長年の高血圧や糖尿病、脂質異常症、喫煙などにより冠動脈内側の細胞が傷つくと、傷を修復するためにプラークと呼ばれるかさぶたのようなものができる。

こうして冠動脈の内径が狭くなり、血流が妨げられて胸痛などの症状を起こした状態を狭心症、プラークが破れてできた血栓が冠動脈を完全にふさいだ状態を心筋梗塞という。

急性心筋梗塞を発症して冠動脈が3本とも詰まると、血流がとだえてしまう。40分ほどで心筋が壊死し始め、6~24時間で生命に危険がおよぶ。

狭心症・心筋梗塞の治療法には、カテーテル治療(PCI)と冠動脈バイパス手術(CABG)がある。通常、PCIでは足の付け根や手首の血管から冠動脈の病変部までカテーテルを挿入し、風船で拡張したあと、折りたたんだ網目状の金属製チューブを広げて留置する「ステント留置術」がおこなわれる。

金属製のステントはずっと冠動脈内に残るが、2016年11月、初の「溶けるステント」が製造販売承認を取得した。正式には、生体吸収性冠動脈ステント「アブゾーブGT1(一般名・BVS)」と呼ばれ、手術用縫合糸に使われる生体吸収性ポリマーでつくられたもの。留置して約3年間、炎症を抑える薬剤を放出しながら病変部を拡張したあとは、分解されて体内に吸収される。

BVSの治験に参加した湘南鎌倉総合病院循環器科部長の齋藤滋医師は、このステントが開発された背景を次のように解説する。

「金属製のステントがいつまでも冠動脈内に残ると、再発時にCABGができなかったり画像診断の妨げになったりすることがあります。また、金属が冠動脈の内腔に露出し続ければ、血栓症を起こす可能性もあります。これを防ぐため、患者さんは2種類の抗血小板薬をステントが冠動脈内膜に覆われるまで服用し続けなくてはいけませんが、この期間は最低でも半年から1年といわれています」
00年代に入って金属製のステントにコーティングされた合成樹脂(ポリマー)から炎症を抑える薬剤が染み出る「薬剤溶出ステント(DES)」が登場した。これにより、金属むき出しのステントが使われていた時代に多かった術後早期の再狭窄や血栓症は減少した。

しかし、ポリマーも生体にとっては異物であり、DESを長期間留置すると慢性的な炎症により再狭窄や血栓症をきたすことがわかった。最近ではDESの改良が進み、こうした合併症が少なくなったとはいえ、ゼロになったわけではない。

「BVSは、DESに残された課題を一挙に克服する『夢のデバイス(器具)』としての期待を担って開発されました。しかし、国内外の臨床試験の結果、留置後1年目の有用性はDESに劣らないものの、2年目以降はやや劣るという結果が示されています」(齋藤医師)

その原因として、(1)BVSは強度を維持するためDESの2倍程度の厚みがあり、血流が妨げられる可能性がある、(2)DESに比べ柔軟性に欠ける、(3)溶け方に個人差があり、長期間拡張を維持できる保証がない、といったことが考えられている。また、日本人には冠動脈がけいれんして起こる冠攣縮性(かんれんしゅくせい)狭心症が多く、強度を維持できるかどうかも不安が残るという。

齋藤医師はBVSを安全かつ有効に使用できる患者の条件として、慢性期の狭心症・心筋梗塞で病変のある冠動脈は2本まで、冠攣縮性狭心症の既往がないことを挙げた。

やはり従来の金属のステントは血栓を引き起こす可能性があると言うが、果たして患者に対してその説明はしていたのか疑問です。体に負担のないことを考えて実用化して欲しい。

 - その他

Message

  関連記事

imagesJZ4M89YN
薬の量が多い『かかりつけ薬局』制度とは。

厚生労働省は患者の服薬状況を把握し、不要な薬を減らす「かかりつけ薬局」制度の検討 …

西川きよし
【50代以上男性は必見】吉本興業所属の『西川きよしさん』が前立腺がんのため手術!どんな病気か?

吉本興業所属のタレント西川きよしさんが、前立腺がんのため休養に入ることが分かった …

%e5%8f%a3%e5%86%85%e3%83%95%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%a9%ef%bc%92
【ためしてガッテン!】『口内フローラ』突然死を引き起こす○○。破裂した血管は何と口内細菌が原因だった!

話題の腸内フローラ同様に口内にも様々な菌が住んでいて、口腔内の菌は口内フローラと …

images0LCL1YLN
『シワ』や『白内障』にも紫外線の影響が!『UVインデックス』で対策を!

紫外線は波長が短すぎて人間の目には見えませんが、太陽光の一部です。正午頃に強く、 …

%e5%af%9d%e8%bf%94%e3%82%8a%e3%80%8f%e3%82%92%e6%89%93%e3%81%a1%e3%82%84%e3%81%99%e3%81%8f%e3%81%99%e3%82%8b%ef%bc%94%e3%81%a4%e3%81%ae%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%81
【腰痛治療に朗報】『寝返り』を打ちやすくする4つのストレッチとは?

腰が痛いと思っている人は多いと思われます。腰痛がする原因として、寝返りを打つ回数 …

松野莉奈
【衝撃!】『私立恵比寿中学の松野莉奈さん』死因が『致死性不整脈』とはどんな病気?原因と症状と4つの種類とは?

2月8日(水)に死去した人気女性アイドルグループ「私立恵比寿中学」の松野莉奈さん …

0311pg
その方法、間違ってない? 今さら人には聞けない「正しい髪の洗い方」

  「『髪の毛は毎日洗っています!』という方でも、毛穴に汚れが詰まっていたり、生 …

無題25
大山のぶ代さんが認知症で闘病中!『2分前の事も覚えてない』

「ドラえもん」の声で知られる大山のぶ代(81)が認知症を患っていることをラジオで …

ココ.シャネル
美容に良い【ココ・シャネル】名言集

「 20歳の顔は自然から授かったもの。 30歳の顔は自分の生き様。 だけど50歳 …

スクワット
【ダイエットしたい方 必見】腹筋の100倍の効果があるスクワットとは!

ダイエットのために毎日腹筋をしているけどなかなか続かず失敗続きの方が多いようです …