医食同源ニュース

医食同源とは、バランスの取れた美味しい食事をとることで病気を予防し、治療しようとする考え方。

*

【出世魚の鰤】動脈硬化や心筋梗塞・脳梗塞に効果あり?美味しい『ぶり』の効能・効果 とは?

 

%e3%81%b6%e3%82%8a出世魚としておなじみのブリは、魚のなかでも群を抜く濃厚な味わいがその特徴です。
これはたっぷりとのった脂のためで、サンマやサバ以上に多い脂肪には、その分不飽和脂肪酸のEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)も豊富に含まれています。その他の効果効能を見ていきましょう!

一般に、冷たい海中で生活する魚の場合、その脂肪は凝固しにくい不飽和脂肪酸が中心で、このうちEPAは血液中のコレステロールを低下させ血液の流れを良くして血栓をできにくくする働きが大きく、怖い動脈硬化や心筋梗塞・脳梗塞から守ってくれます。

加えて、DHAにはコレステロールを抑える効果とともに、脳細胞の成長を促し、脳を活性化、ボケを防ぐ役割があることはよく知られた事実です。

不飽和脂肪酸の弱点である酸化も、ブリにはこれを抑える抗酸化のビタミンEが含まれているので安心です。%e3%81%b6%e3%82%8a%e5%88%ba%e3%81%97

照り焼きや煮物など、色々な食べ方で楽しむことのぶりは、代表的な出世魚で、コクのある味わいが人気の青魚です。産卵直前の冬に、一番脂ののる旬を迎え、ビタミンやミネラル、必須脂肪酸などを含んでいます。ぶりに含まれる栄養素やその働きを知り、健康づくりに役立てましょう。

ぶりの栄養は、これだけではないんです。ほかにも貴重な栄養が含まれるているんですよ。

まずはナイアシン。これはアセトアルデヒドという二日酔いを引き起こす成分の分解を手助けしてくれるんです。お酒を飲む人にはうれしい成分ですよね。

そして、ビタミンD、これは、カルシウムやリンの吸収をたすけてくれるため、骨粗鬆症の予防に役立つんです。

さらにタウリンが含まれています。タウリンは、血中コレステロールを抑えてくれるので、動脈硬化の予防に役立つのですが、肝機能の強化や眼精疲労の緩和にも役立つんですよ。

また、鉄分も含まれているので、貧血にも効果があります。これらのビタミンやミネラルは血合いの部分に多くふくまれているので、ぜひとも血合いの部分を捨てずに食べてくださいね。

効能効果:高血圧予防、ボケ予防、動脈硬化予防、貧血予防、老化予防、眼精疲労緩和、肝機能強化、骨粗鬆症予防

ぶりってどんな魚?

ぶりはアジ科の魚で、成長するにつれて名前が変わる出世魚です。多くの地方名を持ち、大きさによって呼び名が変わるという特徴があります。日本沿岸で季節回遊をしますが、冬のぶりは「寒ブリ」と呼ばれ、脂がのって美味しいとされています。出世魚は縁起の良い魚として、特に関西や北陸地方において、正月や端午の節句などの祝膳には欠かせない食材とされています。
稚魚を捕獲して養殖しており、養殖のものは天然のものよりも約3倍の量が出回っています。養殖は脂が多く、身の色が天然のものよりも白っぽいという特徴があります。

ぶり100gに含まれる食品成分

エネルギー 257kcal
たんぱく質 21.4g
脂質 17.6g
カリウム 380mg
鉄 1.3mg
銅 0.08mg
ビタミンD 8.0μg
ナイアシン 9.5mg
ビタミンB6 0.42mg
ビタミンB12 3.8μg

 

ぶりはその口当たりからもわかるように、脂質が多く、白身魚に比べるとカロリーは高めなので、ダイエット中やカロリーが気になる人は要注意です。ですが、ビタミンやミネラルは様々な種類が含まれており、非常に栄養価の高い魚であるということができます。

動脈硬化の予防にもなる!?ぶりに含まれるアブラの働きとは?

ぶりには脂質が多く含まれるのですが、この脂にこそ、健康の秘密が隠されています。脂には色々な種類がありますが、大きく分けると飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられます。飽和脂肪酸は肉類やバターなどに多く含まれ、摂りすぎると肥満やコレステロールの増加を引き起こすといわれています。一方、青魚に多く含まれる脂は、不飽和脂肪酸といって、コレステロールを減らしたり、血液をサラサラにする効果があり、動脈硬化の予防になる成分として注目を集めています。青魚に含まれる不飽和脂肪酸は次の2種類です。

DHA(ドコサヘキサエン酸)・・・血流改善、脳の活性化、視力の回復、アレルギー予防、精神安定

EPA(エイコサペンタエン酸)・・・生活習慣病の予防、炎症抑制、感染症予防

これらの脂肪酸は、体の中では作ることのできない必須脂肪酸なので、食品からとり入れてあげなくてはなりません。ぶりはカロリーが高めの魚なので、頻度や量に気を付けながら、バランス良く食事にとり入れましょう。

効率アップのとり方

 

ぶりは、DHAやEPAが豊富に含まれており、適量を食べれば生活習慣病予防などに有効で、DHAやEPAを有効にとり入れたいときは刺身で食べるのがおすすめです。ぶりの血合い部分には肝機能の向上に効果的なタウリンも豊富に含まれています。ぶりは捨てる部分が少ない魚で、頭やアラ、皮の部分まで食べることができます。部位に合った調理法で、いろいろな料理を楽しみましょう。

 

ぶりは、動脈硬化の予防に役立つDHAやEPA、肝機能の向上に効果的なタウリンを含んでおり、不足しがちなビタミンやミネラルをたっぷりと摂ることができます。旬の冬の時期は、栄養価も高くなる傾向にあります。ぶりを食卓にとり入れて、健康づくりに活かしましょう。

冬の時期は刺身でも、照り焼きでも食べれるときにはいただきましょうね。

 - その他

Message

  関連記事

無題65
あなたのスマホ依存の確率は?ストレートネックとは?

「スマホを忘れた日はなんだかそわそわしちゃう」「スマホが鳴っていないのに、鳴った …

%e7%b3%96%e8%b3%aa%e5%88%b6%e9%99%902
【末期がんの方に朗報!】『糖質制限』で末期がん患者の8割が改善!

あなたは医者からがん宣告をされた場合、「三大治療」と呼ばれる手術、抗がん剤、放射 …

脂肪燃焼スープ2
【食べながら痩せる】美味しく食べてるのになぜか痩せてしまう!毎日飲みたい『脂肪燃焼スープ』とは?

ダイエット中のスープはお腹もいっぱいになるので、食事と一緒に取り入れている人も多 …

関根勤
【タレントの関根勤さんが心臓手術】冠動脈疾患手術を受けていた『冠動脈疾患』とは?

タレント関根勤さんが都内の病院で心臓の冠動脈疾患の手術を受けていたことが「サタデ …

%e8%84%b3%e5%8b%95%e8%84%88%e7%98%a4%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%94%e3%83%b3%e3%82%b0%e8%a1%93
【漫才コンビの海原やすよさん】『脳動脈瘤』クリッピング手術とは?

漫才コンビの海原やすよ・ともこのやすよさんが、脳動脈瘤の手術のため大阪市内の病院 …

images6BVYQCHL
免疫力と食事療法

自分に向いた食事療法を行うことが大切 免疫力を高めていくうえで、食事は非常に大切 …

Smear Test Equipment
【危険】安易に考えていませんか?中絶による母体の危険性、費用は?

せっかくの命を授かったのに中絶する選択をあなたは安易に選び、考えていませんか? …

imagesJZ4M89YN
薬の量が多い『かかりつけ薬局』制度とは。

厚生労働省は患者の服薬状況を把握し、不要な薬を減らす「かかりつけ薬局」制度の検討 …

%e4%bd%93%e5%86%85%e9%85%b5%e7%b4%a0
【ダイエット酵素必見!】体内酵素の種類と働きとは?

いま話題の酵素ダイエットを始める前に知っておきたい「体内酵素」について、分かりや …

むくみの種類
【むくみは病気の初期!】『顔色』『むくみ』は病気のサインか?

お酒を飲んだ翌日に『むくみ』が気になっている人は多いですよね。日常見ているようで …