医食同源ニュース

医食同源とは、バランスの取れた美味しい食事をとることで病気を予防し、治療しようとする考え方。

*

【糖尿病と歯周病の関連性】相互に2倍の確率で悪影響を及ぼす理由

 

%e7%b3%96%e5%b0%bf%e7%97%85%e3%81%a8%e6%ad%af%e5%91%a8%e7%97%85%e3%81%ae%e9%96%a2%e9%80%a3%e6%80%a7糖尿病と歯周病はどちらも生活習慣病であり、慢性疾患です。この2つの病気は、相互の病状に悪い影響を及ぼすといわれています。今回は、糖尿病と歯周病の関連性について解説します。

医師に気軽に相談できる『かんたん医療相談』からだの不安や悩みをいつでも医師に相談! 登録医師は4,500人以上&質問は

糖尿病と歯周病の関連性。相互に悪影響を及ぼす理由

糖尿病と歯周病の関連性とは?%e7%b3%96%e5%b0%bf%e7%97%85%e3%81%a8%e6%ad%af%e5%91%a8%e7%97%85%e3%81%ae%e9%96%a2%e9%80%a3%e6%80%a72

歯周炎は歯肉と歯の間にある歯周ポケットに細菌が繁殖することで起こる、慢性の炎症疾患です。進行すると歯茎は赤く腫れあがり、最悪の場合、歯が抜けることもあります。糖尿病と歯周病は相互に悪影響を及ぼし、それぞれの病状を悪化させます。

糖尿病の第6の合併症といわれる歯周病

糖尿病が歯周病の発症に関連しているといわれるのには、以下の理由があります。

(1)抵抗力が低下している
糖尿病を患い、高血糖な状態が続くと細菌を退治してくれる白血球の働きが低下し、感染症を引き起こしやすくなります。また、組織の修復力が低下した状態になっているため、歯周病の進行にも影響を及ぼします。

(2)唾液は糖分濃度が濃くなり、分泌量が減る
血糖値が高い状態が続くと、尿が大量に出て体内の水分量が減少します。これにより、唾液の分泌量が減ります。唾液には消化作用、口内の浄化作用、歯周組織の修復作用があります。そのため、唾液の分泌量が減ると歯周病の原因となる菌が繁殖しやすくなります。

また、口の中で分泌される唾液や歯肉からの滲出液は血液から作られているため、高血糖の状態が続くとこれらの糖分濃度が濃くなります。

(3)糖と脂肪の代謝に変化を及ぼす
糖尿病になるとタンパク質や脂質の代謝が変化するため、歯の周りの弾力性が失われたり、中性脂肪や悪玉コレステロールが増加します。歯の周りの弾力性が失われると歯周組織の修復力が落ちます。また、中性脂肪や悪玉コレステロールの増加は高脂血症を引き起こします。高脂血症は歯周病の危険因子です。

(4)脂肪から出る炎症物質
近年の研究により、体脂肪はエネルギーを蓄えるだけでなく、さまざまな作用を持つ物質が作られていることがわかりました。脂肪組織から歯周病に影響を与える炎症物質が分泌される可能性も指摘されており、これにより歯周病が悪化することもあるようです。

(5)その他の合併症による影響
糖尿病は末梢組織の細い血管に障害が起きやすく、歯の周りにある血管もこれに含まれます。また、糖尿病の合併症として挙げられる骨粗しょう症は、骨の土台となる歯槽骨(しそうこつ)の減少にも影響を及ぼすことがあるようです。

歯周病は血糖値を上昇させる%e6%ad%af%e5%91%a8%e7%97%85%e3%81%af%e8%a1%80%e7%b3%96%e5%80%a4%e3%82%92%e4%b8%8a%e6%98%87%e3%81%95%e3%81%9b%e3%82%8b

歯周病によって歯周組織に炎症が起きると、大量に増えたサイトカインという物質が歯肉の血管から血液に流れ込みます。血液に流れ込んだサイトカインは全身に運ばれ、組織や臓器に影響を及ぼします。サイトカインには様々な種類があり、その中にはインスリンの働きを阻害するものもあるようです。インスリンがサイトカインの影響を受けると血糖値が上昇し、血糖コントロールが正常にできなくなります。

歯周病治療が糖尿病の改善に関連

糖尿病に悪影響を与える歯周病ですが、歯周病に対する適切な処置を行うことで糖尿病のコントロール状態を表す糖化ヘモグロビンが改善することがわかってきました。歯周病に関する治療を施すことで、歯周組織で分泌されるサイトカインの量が減り、インスリンによる細胞内へのブドウ糖の取り込みが増え、血糖値が改善されるようです。

糖尿病と歯周病は、それぞれ発生や進行について関連性があります。それぞれの症状を改善するために、治療をしっかりと行うことが大切です。

歯周病は毎日の歯磨きをこまめにすることが大事になります。

 - その他

Message

  関連記事

黄色ブドウ球菌
【最新の研究でわかった治療法】 アトピー性皮膚炎の原因はアレルギーだけじゃなかった!

アトピー性皮膚炎についての研究の最前線では、日々新しい発見があります。 しかし画 …

副流煙のほうがニコチンが多い!
【驚愕】どういうこと?日本人男性は受動喫煙により「重度の歯周病」を発症するリスクが3倍以上も高まることがわかったという。

日本における喫煙率は年々下がり、今は街中や職場での分煙も進んできた。タバコを吸う …

ココ.シャネル
美容に良い【ココ・シャネル】名言集

「 20歳の顔は自然から授かったもの。 30歳の顔は自分の生き様。 だけど50歳 …

imagesMYCJC5OP
自宅で簡単にできる! 過活動膀胱の治療方法とは?

最近の調査の結果、40歳以上の8人に1人が、過活動膀胱の症状であることがわかりま …

腰痛予防に最適! 簡単ストレッチ
腰痛予防に最適! 簡単ストレッチ – 1日1分からの筋トレでラクラクになる

ずっと同じ姿勢でいると、体の筋肉がこわばってしまいます。腰痛にもつながりますので …

オードリー・ヘップバーン
【名言】美しさを求める 有名人美容名言集!美しさを求め続ける全ての女性に!!

①美しい唇である為には美しい言葉を使いなさい。美しい瞳である為には他人の美点を探 …

b_07895095
あの 『オキシドールで乳がん温存治療が可能に』

兵庫県立加古川医療センター(加古川市)の小川恭弘(やすひろ)院長(62)が、過酸 …

りんご
花粉症に良い食品のナンバーワンはこれだ!

りんごに多く含まれる水溶性食物繊維ペクチンに、アレルギー症状の原因物質を減らす効 …

無題65
あなたのスマホ依存の確率は?ストレートネックとは?

「スマホを忘れた日はなんだかそわそわしちゃう」「スマホが鳴っていないのに、鳴った …

無題 (5)
花粉症治療法『舌下免疫療法』ってなに?

花粉症の画期的で新しい治療が国に承認され、平成26年10月以降から健康保健が適用 …